senior.jpg

高齢者向け指導Guidance for Elderly

高齢者施設の方々へTo Elderly facilities

心から元気になることを諦めさせない

高齢者施設の方々へ。皆様の行っている様々な運動療法や、レクリエーションのメニューは「筋力」「関節可動域」「脳トレ」の部分のみになってませんか?
もちろんその3大要素も大事なのですが、その能力を発揮するための神経系のトレーニングは行っていますか?

メリット1

新時代の神経系に特化した独自のメニュー

メリット2

どのような状況でも施設やご本人に合わせたメニューを提供

メリット3

神経系だけではなく関節可動域や筋力、脳なども効果がある独自のメソッド

今まで普通にできていた些細な事ができず落ち込む日々失敗やケガ、転倒から心に曇りと笑顔を消してしまうケースも

  • いつも元気に体操しているおじいちゃんおばあちゃん
  • いつもの日常生活ヘルパーさんの介護もなく生活できるようになる
  • 転倒してしまい入院してしまいそのまま体調が悪くなってしまう
  • いつも元気で筋力の数値も関節可動域の数値も悪くないのに、なぜ?
  • なぜこんなに元気なおじいちゃんが転倒してしまうのか

それは神経系が発達しておらず能力をアウトプットする力がないということが関係してきます!

ただ筋力をつけるだけではなく神経系に働きかける

そもそも転倒はなぜ転倒するのかご存じでしょうか。もちろん筋力や関節可動域は大事です。しかし神経系のトレーニングをしていないといくら筋力があったとしても関節の可動域が広くてもアウトプットする能力が乏しいので素晴らしい能力が宝の持ち腐れです。

RAPASでは特にアウトプットする力、いわゆる神経系に着目してトレーニングします。また必ず笑顔にしていくメニューを組み立てている為、長く続けることができます。

RAPASの高齢者向けの教育指導の様子